前へ
次へ

夏場持っていく弁当におすすめのメニュー

夏場は食材が傷みやすいので、どんなメニューを持っていけばよいか悩むことも多いのではないでしょうか。そ

more

弁当を作って持っていく時の注意点

自分で昼食用に弁当を持っていくという人が最近増えているようですが、弁当を作る際には注意することがあり

more

子どもでも食べやすい弁当のおかずやメニュー

幼稚園や保育園・小学校などに通うお子様のいるご家庭でなかなかお弁当のおかずを食べてくれなくて困ってい

more

夏に弁当に入れてはいけない料理

通勤や通学などで1年中お弁当を持っていくという人も珍しくないでしょう。しかし夏は特に食中毒が多くなる季節です。夏のお弁当に入れるのが良くない料理とはどういった料理なのでしょうか。
まず危険なのが生野菜や果物などです。水気が多い野菜は時間が経つと中の水分が出てきて菌が繁殖しやすくなります。ですので、暑い季節に弁当へ生野菜を入れるのは避けた方が無難です。どうしても入れたいという場合はプチトマトを丸ごと入れるなど水分が出ないもの、あるいは少ないものを使用しましょう。同じ理由で汁気の多い煮物も傷みやすいのでおすすめできません。どうしても入れたいのであれば、味付けを濃いめにして水分をしっかりと飛ばすようにしましょう。
他にも危険なものとして混ぜご飯やチャーハンなど具材と一緒に味付けをしたご飯は傷みやすいので注意しましょう。特に卵を使用したものは食中毒になる可能性が高いので、夏場に弁当に入れるのはやめておきましょう。弁当を作る時によくマカロニサラダやポテトサラダなどのマヨネーズを使用したサラダを入れる人が多いですが、マヨネーズには卵が入っていますし水分も多いのでこちらも避けた方が良いメニューです。

Page Top